フォト
無料ブログはココログ

« NHK ニュース7より。 | トップページ | 「カワシンの田んぼ2018」作業記録簿設置。 »

2018年5月24日 (木)

耕作放棄地。

上下で、田んぼを作っていて、
 
中間に、耕作放棄地があると、
 
水が行方不明になる。
 
昔は、全部が稲作をしていたので、
 
あまり水は、下の田んぼから、
 
さらに、下の田んぼへと、落ちるように
 
なっている。
 
ところが、あまり水を落としてるところが、
 
耕作放棄地になってしまえば、
 
その水は、最終的にはどこに行ってるのか
 
解らなくなるんですよね。
 
これを、何とかしなければ、
 
最終的に、山間部の稲作は出来なくなる。
 
ということは、自然の山水で作られるお米は
 
出来なくなるということです。
 
何とかならないものか?????
 
地域行政は、そういったところに、税金を使って
 
解決してゆかないと、本当に中山間地域の
 
稲作は、壊滅してしまいます。
 
どこに行ったか分からなくなるあまり水が、
 
土の下に潜り込んで、下の田んぼの裏から
 
浸み出し、いつまでも乾かない。
 
収穫作業を困難にしている原因に
 
なってると、思うのです。
 
どうでしょうか?間違ってますかね?
 
政策が違うのでは?
 
街に出ていってそこで生活をしている人に、
 
戻ってきて、草刈りせよ!
 
って言えますか?

« NHK ニュース7より。 | トップページ | 「カワシンの田んぼ2018」作業記録簿設置。 »

地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耕作放棄地。:

« NHK ニュース7より。 | トップページ | 「カワシンの田んぼ2018」作業記録簿設置。 »